ジュエリーリフォーム事例

ダイヤモンドリングをシンプルなペンダントへリフォーム

After
Before

ダイヤモンドリングをシンプルなペンダントへリフォームしました。

1ctサイズの大粒なダイヤモンドリングですが、最近はリングをあまり使わなくなってしまったとの事でした。シンプルなペンダントへリフォームご希望で、「一番シンプルな感じでお願ね」とだけリクエストを頂き、あとはお任せいただきました。お任せされると嬉しい反面、責任がいつもより2倍にも3倍にも感じます。爪はシンプルな6本爪を選びました。3本や4本、または1本というパターンもありますが、ラウンドダイヤモンドをきれいに見せるのはやはり6本爪だと思います。チェーンを通すバチカン部分はなるべく小さめに。合わせるチェーンは定番のベネチアチェーンを選び、1ctの大きさに合わせて1.2㎜のやや太めをご用意しました。残ったリング枠は高額査定でお引き取りさせて頂きました。

洋服もそうであるように、指輪・ネックレス・ピアスなども、年齢とともに似合うデザインが変化してきます。若い頃気に入って身に着けていたかわいいネックレスも、社会人になり営業に回るようになるとスーツやジャケットに似合うネックレスが欲しくなったり…。
憧れの女性がいつも身に着けているあのリングが忘れられなかったり…。
そんな時はジュエリーリフォームをしてみませんか?今の自分に似合うデザインにリモデルすることで、もう一度ジュエリーを楽しむことができます。宝石が持つ輝きは、いつまでも変わることのない「永遠性」を備えています。今のライフスタイルにあったデザインにリフォームやリモデルをすることで、宝石が再び輝きます。リフォームやリモデルの見積もりはもちろん無料です。眠っているジュエリーをもう一度輝かせてあげてみませんか?

page top