ジュエリーリペア事例

象牙ネックレスが黄色く変色してしまったクリーニング加工

After
Before

象牙のネックレスが黄色く変色してしまったものを、綺麗にクリーニングさせて頂きました。

象牙は歯に近い性質なので、長年使用されていると変色してしまう恐れがあります。身に着けることで汗やお化粧の油が浸み込み、時間をかけて色が変わってきます。身に着けた後は乾いた柔らかい布等で汚れをふきとることで、綺麗な状態を保つ事ができます。残念ながら変色してしまった象牙は、特殊な薬剤を使用することで綺麗に白く復元でします。糸の組み直しと合わせて行いますので、その後はしばらく安心して身に着ける事ができます。費用は大きさやデザインによりますが、20,000円位で承ります。

page top