ジュエリーリペア事例

ルイヴィトンリングのサイズ直し修理

After
Before

ルイヴィトンリングのサイズ直し修理をお預かりしました。

3本で1セットのヴィトンリング。10番から8番へ2番小さく調整しました。
ブランドジュエリーを修理する際、ブランドロゴが消えてしまう恐れがあります。特にリングサイズ直しの際には一部をカットするため、また最後に磨きなおしをするので刻印が消えたり薄くなることはご了解を頂きます。
ピンクゴールド素材の修理に関しても注意が必要になります。火を使った加工や、地金を曲げたりする加工でピンクゴールドにヒビが入る可能性があります。そのヒビは修理することで復元可能ですが、復元に別途費用が発生します。ヒビが入らなければ基本料金で、もし入ってしまった場合は別途ご請求させて頂く事になりますことをご了解ください。

リングのサイズ直しは裏側の目立たないところをカットして調整し、火で溶接をして再びつなぎ合わせます。最後に仕上げ直しをしてピカピカな状態でお納めします。リングのサイズ直しをお預かりする際には0.5番単位で用意しているサイズリングを用いて採寸していきます。場合によっては幅の太いサンプルリングを実際につけて頂きながら、フィット感良く仕立てあがるよう採寸いたします。指のサイズはその日のご体調や時間帯、季節によっても変化します。また着け心地はお客様お一人お一人違うもの。採寸の際にはこれらの事をお客様にお尋ねしながら進めてまいります。サイズ直しにかかる費用は2,500円から。どうぞお気軽にご相談ください。

page top