ジュエリーリペア事例

フレッドのピアスが切れてしまった修理

After
Before

フレッドのピアスが切れてしまった修理をお預かりしました。

パーツをつなぐ輪が切れてしまっています。溶接をして再びつなぎ合わせました。ホワイトゴールドの溶接の際はコーティングが必要になります。下地の黄色が出てきてしまうためです。また、片方だけ綺麗になってしまうとバランスが悪くなるため、両方仕上げするか、もしくはあまり変わりがないように修理するか判断が必要です。費用も変わってくるので、お客様と相談をしながら考えていきます。お見積もりは無料ですのでどうぞお気軽にご相談ください。

page top