ジュエリーリペア事例

カルティエリングのサイズ直し修理

After
Before

カルティエリングのサイズ直し修理をお預かりしました。

カルティエリングのサイズ直しをお預かりしました。7番から10番へ、3番大きく修正しました。リング裏側の目立たないところをカットして調整し、火で溶接をして再びつなぎ合わせます。最後に仕上げ直しをしてピカピカな状態でお納めします。リングのサイズ直しをお預かりする際には0.5番単位で用意しているサイズリングを用いて採寸していきます。場合によっては幅の太いサンプルリングを実際につけて頂きながら、フィット感良く仕立てあがるよう採寸いたします。指のサイズはその日のご体調や時間帯、季節によっても変化します。また着け心地はお客様お一人お一人違うもの。採寸の際にはこれらの事をお客様にお尋ねしながら進めてまいります。今回はCartierのリングという事で、ブランドロゴが消えないようにとご希望でした。サイズを直すにはリングの一部をカットして調整し、再びつなぎ合わせる際に高温で溶接を施します。その溶接面を磨くために薄く刻印されているブランドロゴが消えてしまう可能性があります。また今回のリングは全周に模様が施されていて、一部の間隔が広がりました。デザインが変わったり、刻印やロゴが薄くなったり、場合によっては消えてしまうリスクがあります。ブランドジュエリーの修理をご希望の方は事前にご承知おきください。サイズ直しにかかる費用は2,500円からですが、今回は20,000円でした。どうぞお気軽にご相談ください。

page top