ジュエリーリフォーム事例

立爪デザインのダイヤモンドリングをシンプルなペンダントへリフォーム

After
Before

立爪デザインのダイヤモンドリングをシンプルなペンダントへリメイクしました。

立爪デザインと呼ばれる、当時婚約指輪のデザインとして人気のあったダイヤモンドリング。太めの爪で高さのあるデザインは、ダイヤを大きく華やかに見せてくれますが、最近ではもっとシンプルなデザインが好まれています。

今回はシンプルなペンダントにリフォームご希望でした。4本の繊細な爪でセットしたシンプルなペンダントへ。プラチナ素材からイエローゴールド素材に変えることで印象も変わりますね。ペンダントのリフォームは35,000円でした。その他にチェーンも必要になります。お持ちのチェーンがございましたら、そのチェーンを取り付けることも可能です。
残ったリング枠はお引き取りさせて頂き、加工代の一部にさせて頂きました。

指輪やネックレスなどにもデザインに流行があります。かつて主流だった婚約指輪は「立爪デザイン」と呼ばれる大きな爪でしっかりとセットされたダイヤモンドリング。最近ではフォーマルシーンよりも、もっとシンプルで毎日楽しめるデザインが望まれています。

宝石が持つ輝きは、いつまでも変わることのない「永遠性」を備えています。今のライフスタイルにあったデザインにリフォームやリモデルをすることで、宝石が再び輝きます。リフォームやリメイクの見積もりはもちろん無料です。眠っているジュエリーをもう一度輝かせてあげてみませんか?

page top