ジュエリーリフォーム事例

2本のダイヤモンドリングを一つにまとめて華やかなデザインへリフォーム

After
Before

2本のダイヤモンドリングを一つにまとめて華やかなデザインへリメイクしました。

立爪デザインのダイヤモンドリングと、ダイヤモンドが3列にセットされたリングを、一つにまとめたデザインへリフォームしました。立爪ダイヤモンドリングは、爪が大きく高さがあって身に着けにくかったとの事。今回のリフォームではなるべく高さを抑え、引っ掛かりがなくてデイリーに楽しめるようにデザインしました。メインストーンのダイヤモンドをミルグレインセッティングでセットしました。ミルグレインセッティングとは、地金に丸いツブツブを仕立ててそれを爪代わりにして石を留めるリフォーム工法です。
ミルグレインセッティングにも作り方が色々ありますが、当店が得意とするミル留めは、専用の工具を使用して一粒一粒手作業で地金を丸く仕立ててリモデルしていきます。石をセットしてから、石と地金のギリギリのところまでを強い力を加えて地金を丸くするには高い技術が必要になります。
ミル留めの良いところは、爪留めと違い繊細な洋服等に引っかかることもなく、また華やかさを演出してくれるところです。
そのダイヤを挟むように、メレダイヤをハーフエタニティで仕立てました。中央のラインと高さに変化をつけることで立体感あるデザインに。ボリューム感あるデザインですが、中央に空間があり、指に通すと軽やかな印象にも映ります。
今回かかった作成費用は250,000円ですが、残ったリング枠をお引き取りさせて頂き、リーズナブルにリフォームしていただきました。

page top