ジュエリーリフォーム事例

立爪デザインのダイヤモンドリングをペンダントヘリフォーム

After
Before

立爪デザインのダイヤモンドリングをペンダントヘリフォームしました。

立爪デザインと呼ばれる、婚約指輪として活躍したダイヤモンドリング。今では爪が大きく高さがあって、身に着けにくいとご相談されることが多いデザインの一つです。

今回はペンダントへリフォームされることに。

4本のシンプルな爪でセットしたデザインをお選びいただきました。良質なダイヤモンドに合わせて、石座はプラチナで。チェーンは18金イエローゴールドを用いてコンビネーションデザインにお仕立てしました。指輪やピアスなどとのコーディネートもしやすく、ちょっとした個性を演出できます。
今回かかった費用は45,000円ですが、残ったリング枠をお引き取りさせて頂いて、リーズナブルにリフォームしていただきました。

チェーンにはいくつか種類がございます。デザインパターンや太さの好みをお伺いし、最後に長さを採寸してチェーンをご用意します。眠っているジュエリーを活用して、お客様の首元にピッタリと納まるペンダントをリーズナブルにお仕立てされてみませんか?

宝石が持つ輝きは、いつまでも変わることのない「永遠性」を備えています。今のライフスタイルにあったデザインにリフォームやリモデルをすることで、宝石が再び輝きます。リフォームやリメイクの見積もりはもちろん無料です。眠っているジュエリーをもう一度輝かせてあげてみませんか?

page top