ジュエリーリフォーム事例

立爪デザインのダイヤモンドリングをシンプルなペンダントへリフォーム

After
Before

立爪デザインのダイヤモンドリングをシンプルなペンダントへリモデルしました。

立爪デザインと呼ばれる、当時婚約指輪として流行した、爪が大きく高さがあるデザインのダイヤモンドリング。
今では洋服等に引っかかり、身に着けにくいと出番が少なくなったデザインの一つです。
今回はこの立爪デザインリングをシンプルなペンダントへリフォームしました。
6本の繊細な爪でセットして、チェーンを通すバチカンはなるべく小さく仕立ててシンプルさを演出しました。チェーンをお持ちでしたら、そのチェーンをお使いいただけるように加工します。お持ちでない場合、チェーンをいくつかある種類の中からお好みのものをお選びいただけます。またチェーンの太さも、ダイヤの大きさやお好みによってお選びいただけます。お首周りの採寸をして、お客様にピッタリな長さでお仕立てすることで、身に着けやすさをお手伝いします。

洋服もそうであるように、指輪・ネックレス・ピアスなども、年齢とともに似合うデザインが変化してきます。若い頃気に入って身に着けていたかわいいネックレスも、社会人になり営業に回るようになるとスーツやジャケットに似合うネックレスが欲しくなったり…。
憧れの女性がいつも身に着けているあのリングが忘れられなかったり…。
そんな時はジュエリーリフォームをしてみませんか?今の自分に似合うデザインにリモデルすることで、もう一度ジュエリーを楽しむことができます。宝石が持つ輝きは、いつまでも変わることのない「永遠性」を備えています。今のライフスタイルにあったデザインにリフォームやリモデルをすることで、宝石が再び輝きます。リフォームやリメイクの見積もりはもちろん無料です。眠っているジュエリーをもう一度輝かせてあげてみませんか?

page top