ジュエリーリフォーム事例

立爪デザインのリング枠を使用してブレスレットを作成

After
Before

立爪デザインのリング枠を使用してブレスレットにリフォームしました。

譲り受けられた立爪デザインのダイヤモンドリング。ダイヤはリフォームして、普段身に着けられるアイテムへ。
残ったリング枠を使用してブレスレットへリフォームしました。

リングアームの裏側にはプラチナ素材を示す刻印と共に、当時彫られたイニシャルが残っています。
色々な思い出が詰まったリングを、形を残しつつブレスレットにリフォームして、お母さまへプレゼント。

お母さまが譲ってくれたジュエリーを、形を変えて身に着けて。
また思い出が詰まったリングの一部をそのまま活かしてブレスレットにしてお母さまへ。

受け継がれた宝物を、家族史として大切にされることが、そのジュエリーの価値をさらに高めてくれる事と思います。

page top