ジュエリーリフォーム事例

立爪デザインのダイヤモンドリングを地金で2連風にデザインされたリングへリフォーム

After
Before

立爪デザインのダイヤモンドリングを地金で2連風にデザインされたリングへリフォームしました。

立爪デザインのダイヤモンドリングは、当時婚約指輪として主流だったデザインです。今では爪が大きく高さがあって、フォーマルな印象が強く、普段身につけにくいとリフォームのご相談が多いデザインの一つです。
今回はダイヤモンドの輝きをもっとデイリーに楽しみたいということで、18金の地金をメインに、2連風にお仕立ていただきました。1本は甲丸状に、もう一本は甲丸状の上にミル打ちを施してアクセントを加えました。今回掛かったリフォーム費用は127,000円です。残ったリング枠はお引き取りさせていただきました。
宝石が持つ輝きは、いつまでも変わることのない「永遠性」を備えています。今のライフスタイルにあったデザインにリフォームやリモデルをすることで、宝石が再び輝きます。リフォームやリメイクの見積もりはもちろん無料です。眠っているジュエリーをもう一度輝かせてあげてみませんか?

page top