ジュエリーリフォーム事例

立爪デザインのダイヤモンドリングを、ハーフエタニティデザインリングへリフォーム

After
Before

立爪デザインのダイヤモンドリングを、ハーフエタニティデザインリングへリメイクしました。

立爪デザインのダイヤモンドリングは、当時婚約指輪として主流だったデザインです。今では爪が大きく高さがあって、フォーマルな印象が強く、普段身につけにくいとリフォームのご相談が多いデザインの一つです。
今回は高さを抑えた4本の爪でセットしたハーフエタニティデザインにリフォームしました。メインのダイヤの両脇に、横一列にダイヤモンドをセットして、ほどよく華やかに、カジュアルに。今回掛かったリフォーム費用は178,000円でしたが、残ったリング枠をお引き取りさせて頂きリーズナブルにリフォームすることができました。
洋服もそうであるように、指輪・ネックレス・ピアスなども、年齢とともに似合うデザインが変化してきます。若い頃気に入って身に着けていたかわいいネックレスも、社会人になり営業に回るようになるとスーツやジャケットに似合うネックレスが欲しくなったり…。
憧れの女性がいつも身に着けているあのリングが忘れられなかったり…。
そんな時はジュエリーリフォームをしてみませんか?今の自分に似合うデザインにリモデルすることで、もう一度ジュエリーを楽しむことができます。宝石が持つ輝きは、いつまでも変わることのない「永遠性」を備えています。今のライフスタイルにあったデザインにリフォームやリモデルをすることで、宝石が再び輝きます。リフォームやリメイクの見積もりはもちろん無料です。眠っているジュエリーをもう一度輝かせてあげてみませんか?

page top