ジュエリーリフォーム事例

立爪デザインのダイヤモンドリングをシンプルなネックレスへリフォーム

After
Before

立爪デザインのダイヤモンドリングをシンプルなネックレスへリフォームしました。

立爪デザインと呼ばれる、当時婚約指輪として流行した、爪が大きく高さがあるデザインのダイヤモンドリング。
今では洋服等に引っかかり、身に着けにくいと出番が少なくなったデザインの一つです。
今回は、お母さまからお嬢様へ譲られたこの立爪デザインリングをシンプルなペンダントへリフォームしました。
ダイヤモンドのふちを地金で薄く巻いたデザイン。ダイヤのとがった面が肌に触れて、石の持つ力を感じる事ができます。
お首周りの採寸をして、お客様にピッタリな長さでお仕立てすることで、身に着けやすさをお手伝いします。
今回かかったリフォーム費用は35,000円でした。残ったリング枠をお引き取りさせて頂いて、さらにリーズナブルにリフォームしていただけました。

お母さまから譲り受けたジュエリーをリフォームやリモデルをされる方が増えているように感じます。「石が大きくて、今の私には似合わない」「デザインが古くて、普段身に着けられない」など、ご相談の内容は様々です。今身に着けやすいデザインをご提案してリフォームをお勧めすることもありますが、作りが秀逸で壊してしまうのがもったいない、10年後・20年後にはそのままで楽しめるジュエリーだと思ったら、リフォームをしない方が良いとお伝えすることも。大切なのは、受け継がれた宝物を活かしてあげることだと思います。お母さまが譲ってくれたジュエリーを身に着けて、家族史として大切にされることが、そのジュエリーの価値をさらに高めてくれると思います。

page top