ジュエリーリフォーム事例

立爪デザインのダイヤモンドリングをピンクゴールドとプラチナのコンビネーションデザインへリフォーム

After
Before

立爪デザインのダイヤモンドリングをピンクゴールドとプラチナのコンビネーションデザインへリフォームしました。

譲り受けられた立爪デザインのダイヤモンドリングを、エンゲージリングへリフォームしました。大粒なダイヤモンドを細めのアームにシンプルに仕立てることがご希望でした。アーム部分はダイヤに近づくにつれて細く絞られたデザインで、ピンクゴールドでお仕立てしました。ダイヤをセットする爪は、ダイヤの輝きを引き立たせるためになるべく細く繊細に、それでいて耐久性のある爪が求められます。石座の部分をプラチナで仕立てて、ピンク&ホワイトのコンビネーションデザインに。定番的なデザインですが、繊細なアーム、ピンクゴールドとプラチナのコンビネーション等、他にないオリジナルなリングに仕立て上がりました。

エンゲージリングとして愛用されていたダイヤモンドを二代に渡ってお使いになるお手伝いをさせて頂き、嬉しく思います。
褪せることのないダイヤモンドの輝きを家族史として大切にされることが、そのジュエリーの価値をさらに高めてくれると思います。

page top