ジュエリーリフォーム事例

立爪デザインのダイヤモンドリングをリフォーム

After
Before

立爪デザインのダイヤモンドリングをリフォームしました。

立爪デザインと呼ばれる、婚約指輪として当時主流だったダイヤモンドリング。今では爪が大きく高さがあって、フォーマルな印象が強く身に着けにくいとご相談の多いデザインの一つです。今回は爪留めからベゼルセッティングへ留め方を変えて、引っかかりの無いデイリーに身に付けやすいデザインへリフォームしました。素材もプラチナから18金イエローゴールドに。また、アームには金のボールを連ねたようなデザインでかわいらしい雰囲気に。今回かかったリフォーム費用は110,000円ですが、残ったリング枠をお引取りさせて頂きリーズナブルにリフォームして頂きました。

宝石が持つ輝きは、いつまでも変わることのない「永遠性」を備えています。今のライフスタイルにあったデザインにリフォームやリモデルをすることで、宝石が再び輝きます。リフォームやリメイクの見積もりはもちろん無料です。眠っているジュエリーをもう一度輝かせませんか?

page top