ジュエリーリフォーム事例

一文字デザインのダイヤモンドリングをブレスレットへリフォーム

After
Before

一文字デザインのダイヤモンドリングをブレスレットへリフォームしました。

横一列にダイヤモンドがセットされた一文字デザインと呼ばれるダイヤモンドリング。当時婚約指輪として流行した立爪デザインのダイヤモンドリングとセットで身に付けるように、高さのあるデザインで仕立てられています。今はフォーマルな印象があり、身に付けにくいとご相談の多いデザインの一つです。
今回はダイヤモンド5ピースを使用してブレスレットにリフォームされることに。ダイヤモンドの縁を地金で覆い、等間隔にチェーンでつないだデザイン。ダイヤモンドが時々裏表にコロコロとひっくり返りますが、表面でなく、裏面のダイヤのとがった方になっても、どちらを向いても綺麗に輝いてくれるのが良いところ。
今回掛かったリフォーム費用は60,000円ですが、残ったリング枠をお引取りさせて頂きリーズナブルにリフォームして頂きました。
洋服もそうであるように、指輪・ネックレス・ピアスなども、年齢とともに似合うデザインが変化してきます。若い頃気に入って身に着けていたかわいいネックレスも、社会人になり営業に回るようになるとスーツやジャケットに似合うネックレスが欲しくなったり…。
憧れの女性がいつも身に着けているあのリングが忘れられなかったり…。
そんな時はジュエリーリフォームをしてみませんか?今の自分に似合うデザインにリモデルすることで、もう一度ジュエリーを楽しむことができます。宝石が持つ輝きは、いつまでも変わることのない「永遠性」を備えています。今のライフスタイルにあったデザインにリフォームやリモデルをすることで、宝石が再び輝きます。リフォームやリメイクの見積もりはもちろん無料です。眠っているジュエリーをもう一度輝かせてあげてみませんか?

page top