ダイヤモンドの指輪・ネックレスのリフォームはジュエリー服部 HOME

ジュエリーリフォーム事例

テーパーカットダイヤモンドで取り巻かれたデザインのルビーリングを、ローズカットダイヤモンドで取り囲むリフォーム

After
Before

テーパーカットダイヤモンドで取り巻かれたデザインのルビーリングを、ローズカットダイヤモンドで取り囲むリフォーム加工を行いました。

良質なルビーがセットされたリング。ルビーの周りは長方形カットのテーパーカットダイヤモンドで取り巻かれています。少し以前に人気のあったデザインで、クラシカルな印象です。いま身に付けられるデザインにリフォームして、華やかな場で楽しみたいというご希望でした。そこで、ルビーの周りにローズカットダイヤモンドをセットしました。ローズカットダイヤモンドとは、16世紀から17世紀にかけて、ルネサンス期のヨーロッパで貴族の間で人気のあったカッティングです。当時は今のような研磨技術がなかったため、このローズカットが主流だったようです。今ではダイヤモンドの70%近くがラウンドブリリアントカットに研磨されていると言われていて、このような不揃いのローズカットダイヤを組み合わせていくのは時間と労力がかかります。それ故にこのようなデザインのジュエリーは少なく、オーダーリフォームならではの仕立てです。
カット面の少ないローズカットダイヤは、ラウンドブリリアントカットダイヤと比べて弾けるような輝きではなく、柔らかで優しい煌めきといった印象で、メインストーンを引き立たせてくれます。
今回掛かったリフォーム費用は500,000円ですが、残ったリング枠をお引き取りさせて頂きリーズナブルにリフォームして頂きました。

洋服もそうであるように、指輪・ネックレス・ピアスなども、年齢とともに似合うデザインが変化してきます。若い頃気に入って身に着けていたかわいいネックレスも、社会人になり営業に回るようになるとスーツやジャケットに似合うネックレスが欲しくなったり…。
憧れの女性がいつも身に着けているあのリングが忘れられなかったり…。
そんな時はジュエリーリフォームをしてみませんか?今の自分に似合うデザインにリモデルすることで、もう一度ジュエリーを楽しむことができます。宝石が持つ輝きは、いつまでも変わることのない「永遠性」を備えています。今のライフスタイルにあったデザインにリフォームやリモデルをすることで、宝石が再び輝きます。リフォームやリメイクの見積もりはもちろん無料です。眠っているジュエリーをもう一度輝かせてあげてみませんか?

page top