ダイヤモンドの指輪・ネックレスのリフォームはジュエリー服部 HOME

ジュエリーリフォーム事例

タイバーにセットされていたパールを、馬蹄モチーフのペンダントへリフォーム

After
Before

タイバーにセットされていた真珠を、馬蹄モチーフのペンダントへリメイクしました。

譲り受けられたタイバーにセットされていたパールを使用して、馬蹄モチーフのペンダントへリフォームしました。
パールの周りを馬蹄型に仕立てて、メレダイヤをセットして輝きが連鎖するように仕立てました。

馬蹄モチーフは、ヨーロッパでは伝統的なお守りとされていて、魔除けや富の象徴などの意味が込められています。
その中に、譲り受けられたパールをセットしました。パールにも「健康・無垢・長寿・富・純潔・円満」といった宝石言葉があり、お守りのようなアイテムに仕立てあがりました。

今回かかったリフォーム費用は100,000円ですが、残ったタイバーをお引き取りさせていただきリーズナブルにリフォームしていただきました。

譲り受けたジュエリーをリフォームやリモデルをされる方が増えているように感じます。「石が大きくて、今の私には似合わない」「デザインが古くて、普段身に着けられない」など、ご相談の内容は様々です。今身に着けやすいデザインをご提案してリフォームをお勧めすることもありますが、作りが秀逸で壊してしまうのがもったいない、10年後・20年後にはそのままで楽しめるジュエリーだと思ったら、リフォームをしない方が良いとお伝えすることも。大切なのは、受け継がれた宝物を活かしてあげることだと思います。譲り受けられたジュエリーを身に着けて、家族史として大切にされることが、そのジュエリーの価値をさらに高めてくれると思います。

page top