ダイヤモンドの指輪・ネックレスのリフォームはジュエリー服部 HOME

ジュエリーリフォーム事例

立爪デザインのダイヤモンドリングをハーフエタニティデザインリングへリフォーム

After
Before

お客様がお持ちの立爪デザインのダイヤモンドリングを、ハーフエタニティデザインリングへリメイクしました。

立爪デザインのダイヤモンドリングは、当時婚約指輪として主流だったデザインです。今では爪が大きく高さがあって、フォーマルな印象が強く、普段身につけにくいとリフォームのご相談が多いデザインの一つです。

そこで、アームにダイヤをセットした「ハーフエタニティ」と呼ばれるデザインリングへリフォームしました。
アームの半分くらいまでダイヤを一列にセットして、輝きが連鎖するように。
メインストーンは繊細な4本の爪でセットして、高さを抑えて仕立てました。
お持ちのマリッジリングと重ねて身に着けられるよう、石座を改良しました。
今回かかったリフォーム費用は195,000円ですが、残ったリング枠をお引き取りさせていただきリーズナブルにリフォームしていただきました。

宝石が持つ輝きは、いつまでも変わることのない「永遠性」を備えています。今のライフスタイルにあったデザインにリフォームやリモデルをすることで、宝石が再び輝きます。リフォームやリメイクの見積もりはもちろん無料です。眠っているジュエリーをもう一度輝かせませんか?

page top