ダイヤモンドの指輪・ネックレスのリフォームはジュエリー服部 HOME

ジュエリーリフォーム事例

ダイヤモンドリングを,ピンキーリングヘリフォーム

After
Before

お客様がお持ちのダイヤモンドリングを,ピンキーリングヘリメイクしました。

譲り受けられたダイヤモンドリングを活かして、ピンキーリングへリフォームしました。
甲丸リングにダイヤモンドが後光留めでセットされたクラシカルなリング。
このダイヤを、今身に着けやすいアイテムにリフォームされることに。

そこで、小指用のピンキーリングを作製しました。
ダイヤモンドは覆輪留めでセットして,引っかかりが無いように。
アームはエッジを効かせた平打ちデザインでお仕立てしました。
今回かかったリフォーム費用は68,000円ですが、残ったリング枠をお引き取りさせて頂きリーズナブルにリフォームして頂きました。

ピンキーリングは当店でも販売していますが、デザインの種類が少ない事と、小指用のリングはリングサイズが重要になってくるため、今回のようにオーダーでお仕立てする事で
お好みのデザインでリングサイズもピッタリなものが手に入ると良いですね。

譲り受けたジュエリーをリフォームやリモデルをされる方が増えているように感じます。「石が大きくて、今の私には似合わない」「デザインが古くて、普段身に着けられない」など、ご相談の内容は様々です。今身に着けやすいデザインをご提案してリフォームをお勧めすることもありますが、作りが秀逸で壊してしまうのがもったいない、10年後・20年後にはそのままで楽しめるジュエリーだと思ったら、リフォームをしない方が良いとお伝えすることも。大切なのは、受け継がれた宝物を活かしてあげることだと思います。譲り受けられたジュエリーを身に着けて、家族史として大切にされることが、そのジュエリーの価値をさらに高めてくれると思います。

page top