ジュエリーリペア事例

リングが切れてしまった修理

After
Before

リングのアーム部分が切れてしまった修理をお預かりしました。

手のひら側のアーム部分が切れてしまっています。サイズ直しをする場合、この目立たない箇所をカットして調整し、最後に溶接をしてつなぎ合わせるのですが、溶接が甘かったり、長年使われてダメージが蓄積されると切れてしまう事があります。今回は再び溶接し直してつなぎ合わせました。ジュエリーはメンテナンスをすることで長くご愛用頂けるアイテムです。お見積もりやご相談は無料ですのでどうぞお気軽にご来店ください。

page top