ジュエリーリペア事例

指輪のアーム部分を太くする加工

After
Before

指輪の腕と呼ばれるアーム部分を太くする加工を施しました。

手のひら側のリングアームが切れてしまっています。地金が一番薄いところで、過去にサイズ直しをされて切断した後に、溶接をしてついていたところが切れてしまったと思われます。もう一度溶接し直すことで修理することも出来ますが、アームをもっと太く作り変えて欲しいとご依頼いただきました。
リングの幅と厚みをしっかりとつけて、下半分を作り直ししました。これで安心して身に着けて頂けるだけでなく、指馴染みも良くなって、フィット感よく身に着けて頂けるようになりました。今回かかった修理費用は35,000円でした。
お見積もりは無料です。どうぞお気軽にご相談ください。

page top