ジュエリーリペア事例

イヤリングからピアスへ

After
Before

イヤリングからピアスへ改良しました。

クリップ式のイヤリングにピアス用のポスト針を溶接して、ピアスへ改良しました。もともとイヤリング用でしたので、バネが強めに調整されていました。今回はクリップを残してピアス針を立てましたので、このバネは支える程度の強さでよく、バネを少し弱めに調整しました。今回かかった加工費用は15,000円です。
ジュエリーのように長く身に着けられるアイテムの場合、時々メンテナンスが必要になるタイミングがあると思います。チェーンが切れてしまったり、リングサイズが合わなくなってきたり、石が外れてしまったり・・・。今回のようにイヤリングからピアスへ、又逆にピアスからイヤリングへ加工して、もう一度身に付けられるアイテムにする事が出来ます。金やプラチナで出来たジュエリーの場合、ほとんどの不具合を修理・メンテナンスする事ができます。お気に入りのジュエリーなら出番も多いはず。時々メンテナンスをしてあげて、長く愛用されてください。

page top