ジュエリーリペア事例

ピアスの針受けが折れてしまった修理

After
Before

ピアスの針受けが折れてしまった修理をお預かりしました。

18金のマット加工が独特の風合いな、イタリー製ピアス。そのピアス針を挟み込む部分が折れてしまった修理を預かりしました。金の場合、溶接修理をすることが可能なので、新たにパーツを取り付けて修理しました。
今回かかった修理費用は8,000円です。

ジュエリーのように長く身に着けられるアイテムの場合、時々メンテナンスが必要になるタイミングがあると思います。チェーンが切れてしまったり、リングサイズが合わなくなってきたり、石が外れてしまったり・・・。金やプラチナで出来たジュエリーの場合、ほとんどの不具合を修理・メンテナンスする事ができます。お気に入りのジュエリーなら出番も多いはず。時々メンテナンスをしてあげて、長く愛用されてください。

page top