当店の強み

当店はスタッフ全員がジュエリーアドバイザーとして10年以上のキャリアを持ち、オーダーメイド、リフォーム、リペア、下取り査定等様々なご相談に対応できるジュエリーのプロショップです。

当店は、銀座線・千代田線・半蔵門線の表参道駅から徒歩3分の立地。東京都港区表参道・青山という場所は交通アクセスが非常に良いため、お仕事帰りのお客様や感度の高いミセスの方まで幅広いお客様に支持されております。

最近では「近くに来たからちょっと寄ってみた」とお気軽に足を運んでいただくこともしばしば。お出かけ前に当店でジュエリーのクリーニングをしてから待ち合わせ場所へ向かわれる方もいらっしゃいます。お客様に親しんでいただけることはとても嬉しいこと。クリーニングやメンテナンスにも力が入ります。

当店では店舗・外商合せて毎月約100件のジュエリーリフォーム、リペアの対応をしております。
リフォームやリペアのご相談には、ジュエリーに関する多くの知識が必要になります。
お客様のお好みを把握し、的確なデザイン提案をすることはもちろんのこと、ジュエリーの構造を熟知し、プロとして適正なアドバイスができなくてはなりません。

私たちは多くのジュエリークラフトマンと提携しています。リフォーム・リペアの内容によって最適なクラフトマンを選定し、打ち合わせをしていきます。ジュエリーの加工の工程は多岐に渡り、それぞれにその専門的な知識が必要となります。その道のプロフェッショナルなクラフトマンへ加工を依頼することで、お客様からお預かりした大切なジュエリーを、最良の状態にすることができます。

私どもはジュエリーコーディネーターとして、大切なジュエリーを再び輝かせるために最良なご提案をいたします。

現在10名のスタッフが、お客様のご要望に応えるべく当店で働いております。
笑顔でお客様をお迎えする店頭スタッフや、お客様の元に直接足を運びご要望を承る外商スタッフなど、すべてのスタッフがお客様の笑顔を見るために日々知識を磨き研鑽しております。

ゆったりとくつろげる店内は、実際のジュエリーも数多く展示。
実物のジュエリーをご自身の目で見て、試着していただくことが可能です。実際に身に着けていただくことで、出来上がった際のフィット感や雰囲気を感じていただけます。
金庫の中にはまだデザイン途中のルース(裸石)が眠っています。ひと声かけていただければご覧いただくことも可能ですので、ご興味ございましたら是非お声がけください。

長く使っていただくジュエリーだからこそ、本当にいいものを選んでいただきたい。いいものをご提案したい。これこそがスタッフすべての総意です。

私どもは多くのジュエリーデザイナーの方たちとご縁を頂いてきました。
お客様はそれぞれ趣味嗜好が異なります。やわらかく女性らしいラインのジュエリーやスタイリッシュなジュエリー、シンプルな日常使いのできるものなど、お客様のスタイルに合わせて最適なデザイナーを選定し、最良のご提案をさせていただきます。

当社のメインクラフトマンが作成してきたオーダーメイドジュエリーは2,000件を超えます。1点1点手作りで作成してきたジュエリーは、今もなおお客様に愛されご利用いただいております。

当店では信頼できる専門業者様と連携をとることで、お客様に最良の商品をご提供しております。

たとえばダイヤモンドの買い付け。
ダイヤモンドを買い付けるに当たり、ごく当たり前のことですが、気を付けていることは『一粒一粒ルーペで見て、きれいなダイヤを適正価格で仕入れる』ことです。

大小合わせると年間1,500ピースほどのダイヤを選んでいます。
あるブランドジュエリーショップでは、『VSクラス・エクセレントカットのみを使用しています』というところもありますが、私どもではその1ランク下のSIクラスでも、良質で価値があり価格も適正であれば買い付けをし、自信を持ってお勧めしております。

大事なことは適正な価格で購入し、耐久性に不安なくきれいに輝き、長く楽しむことが出来ることだと思います。厳選したダイヤモンドを使用して作るオリジナルジュエリー達は、いつまでも輝き続けます。

また、宝石(カラーストーン)を買い付けると、時々必要になるのが『リカット』と呼ばれる工程です。
原産国に近いところから買い付けた宝石の中には、カットメイクが良くないものも入っています。その時には『リカット』を行います。
リカットとは、ダイヤモンドパウダーを円盤状の研磨機に塗り宝石を磨きなおしていく工程です。

この『ダイヤモンドパウダー』には荒いタイプから細かいタイプがあります。
荒いと短い時間で研磨することが可能ですが、その分面も粗くなります。当店とご縁のあるクラフトマンは、1番細かいダイヤモンドパウダーを使用し時間をかけてきれいな『面』をつくり出します。1日に限られた量の研磨しかできず、非効率に思いますが、このようなプロフェッショナルなクラフトマンとのご縁が当店の財産でもあります。

page top