ジュエリーリフォーム事例

立爪デザインのダイヤモンドリングをシンプルなペンダントネックレスへリフォーム

After
Before

立爪デザインのダイヤモンドリングをシンプルなペンダントネックレスへリフォームしました。

立爪デザインと呼ばれる当時婚約指輪の主流だったダイヤモンドリング。今では爪の大きさ、高さがフォーマルな印象を与えると言う事で出番が少ないというご相談を多く頂ます。そこで、今身につけやすいデザインへリフォームする方が増えています。今回はシンプルなデザインのネックレスへリフォームさせて頂きました。6本の爪でセットしただけの、良質なダイヤの輝きを存分に活かしたデザイン。チェーンもベネチアチェーンをセットして、主役を引き立たせています。残った枠をお引き取りさせて頂き、差額60,000円でリフォームとチェーンを購入いただきました。

page top