ジュエリーリフォーム事例

一文字デザインのダイヤモンドリングをリフォーム

After
Before

一文字デザインのダイヤモンドリングをリフォームしました。

一文字デザインと呼ばれる、当時立爪ダイヤモンドリングとセットで使われていたダイヤモンドリングをリフォームしました。立爪にあわせるために作られたリングなので高さがあり、最近は出番が少なくなってしまったとの事。そこでフラットなデザインへリフォームさせて頂きました。プラチナがウェーブして軽やかなデザイン。やさしくV字にカーブしていて、身に着ける指を長く見せてくれる効果も。普段から楽しんで頂けるデザインに生まれかわりました。かかった費用は100,000円ですが、残ったリング枠を高額査定でお引き取りさせて頂きました。

洋服もそうであるように、指輪・ネックレス・ピアスなども、年齢とともに似合うデザインが変化してきます。若い頃気に入って身に着けていたかわいいネックレスも、社会人になり営業に回るようになるとスーツやジャケットに似合うネックレスが欲しくなったり…。
憧れの女性がいつも身に着けているあのリングが忘れられなかったり…。
そんな時はジュエリーリフォームをしてみませんか?今の自分に似合うデザインにリモデルすることで、もう一度ジュエリーを楽しむことができます。宝石が持つ輝きは、いつまでも変わることのない「永遠性」を備えています。今のライフスタイルにあったデザインにリフォームやリモデルをすることで、宝石が再び輝きます。リフォームやリモデルの見積もりはもちろん無料です。眠っているジュエリーをもう一度輝かせてあげてみませんか?

page top