ジュエリーリフォーム事例

一文字デザインのダイヤモンドリングをリフォーム

After
Before

一文字デザインのダイヤモンドリングをリフォームしました。

当時立爪デザインと呼ばれる婚約指輪にセットして使う「一文字デザインリング」が流行しました。ダイヤモンドを一列にセットした、少し高さがあるリングです。そのダイヤモンドを利用して、高さを抑え爪を細くしたリングへリフォームしました。共有爪と呼ばれる作り方で、一つの爪で二つのダイヤモンドを留めるデザインです。引っ掛かりが少なくて、ダイヤモンドだけの輝きが楽しめるデザインへリモデルしました。かかった費用は120,000円ですが、残ったリング枠を高額査定でお引き取りさせて頂きました。

洋服もそうであるように、指輪・ネックレス・ピアスなども、年齢とともに似合うデザインが変化してきます。若い頃気に入って身に着けていたかわいいネックレスも、社会人になり営業に回るようになるとスーツやジャケットに似合うネックレスが欲しくなったり…。
憧れの女性がいつも身に着けているあのリングが忘れられなかったり…。
そんな時はジュエリーリフォームをしてみませんか?今の自分に似合うデザインにリモデルすることで、もう一度ジュエリーを楽しむことができます。宝石が持つ輝きは、いつまでも変わることのない「永遠性」を備えています。今のライフスタイルにあったデザインにリフォームやリモデルをすることで、宝石が再び輝きます。リフォームやリモデルの見積もりはもちろん無料です。眠っているジュエリーをもう一度輝かせてあげてみませんか?

page top